アソコ 黒ずみ クリーム

MENU

【実はみんな使ってる】本当に効くアソコの黒ずみクリームランキング

このページではアソコの黒ずみに効くクリームについて詳しく書いています。

 

 

アソコに対して効果のある黒ずみクリームをお探しの方
敏感なアソコの黒ずみに対しても安全に使えるクリームってあるの?

 

という方の参考になれば幸いです。

 

 

アソコの黒ずみクリーム選びのポイントは刺激物を使用していない医薬部外品の中から選ぶこと

 

アソコの黒ずみクリーム選びで特に重要なのは、肌が弱いアソコに対しても使えるように刺激物が入っていない医薬部外品の中から選ぶことです。

 

 

例えば、ドラッグストアや薬局などで買える市販の黒ずみクリームの多くは、膝や肘などの肌が厚く、角質の多い部分の黒ずみを取ることを想定しているので、尿素という成分が入っています。

 

これは、肌の角質を溶かし、滑らかにする作用があるので、かかとや膝などの角質の多い部分をツルツルにするには有効なのですが、アソコのようなデリケートな部位に使ってしまうと、肌荒れの原因になったり、肌が傷つくことで、黒ずみの原因物質であるメラニンが増えてしまい、黒ずみが悪化してしまうことがあります。

 

こういった危険を避けるためには、アソコ向けの黒ずみクリームとして開発された、刺激物の入っていないものを選ぶことが重要です。

 

また、本当に効く、効果のある黒ずみクリームを選ぶには、美白効果が認められている医薬部外品の中から選ぶことも重要です。医薬部外品は、厚生労働省がその効果があるとして認可するものなので、効果があるかどうかわからないようなものは医薬部外品として世に出すことができません。

 

信頼性の高いアソコに効果のある黒ずみクリームを選ぶには、効果に「美白」と書かれている医薬部外品の中から選ぶことをおすすめします。

 

上記2つの条件を満たす、アソコ向けに開発された黒ずみクリームの中で評判の良いものがいくつかあるので、ランキング形式でご紹介します。

 

評判の良いアソコ向け黒ずみクリームランキング

評判の良いアソコ向け黒ずみクリーム1位 イビサクリームの特徴

イビサクリームの特徴は、

 

・アソコ向けの黒ずみクリームの中で最も使用者が多く、評判も良い
・厚生労働省認可の医薬部外品として「美白・消炎(炎症を抑える)」の効果効能が認められている
・薬用成分はメラニン生成を抑える安全な美白成分のトラネキサム酸と、肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kの2つを配合
・さらに、メラニン生成を抑える4種類の植物成分と、8つの保湿成分を配合
・デリケートゾーンなどの敏感部位や敏感肌の人でも使えるよう、合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンの5つがすべて無添加
・品質・安全第1の国内工場で製造
・黒ずみクリーム売上、満足度、人気度1位

 

といった感じです。

価格 7000円
評価 評価5
備考 定期コースだと36%オフの4470円で送料無料。

定期コースは2回(2ヶ月間)以上の継続が条件だが28日間の返金保証あり

評判の良いアソコ向け黒ずみクリーム1位 イビサクリームの総評

アソコ向け黒ずみクリームの中で、評判がが特に高く、使用している人も多いのがイビサクリームです。

 

「アソコに使ったけど、しっかり肌が保湿されるのにベタつかない」
「脱毛後に目立ってしまったアソコの黒ずみが2ヶ月で目立たなくなった」

 

など、効果の高さを評価する口コミと、敏感部位に使っても使い心地がよく安全性が高いことに対する評判がとても多いです。

 

ブラジリアンワックスを使った脱毛サロンを運営している会社が開発した商品だけあり、脱毛後の黒ずみに悩む女性の生の声を拾って商品に反映できたことが、これだけの高評価の口コミを得ている理由と言えます。

 

アソコ向けの黒ずみクリームでは、人気、実力共にナンバーワンの商品といえます。

 

 

評判の良いアソコ向け黒ずみクリーム2位 ハーバルラビットの特徴

ハーバルラビットの特徴は、

 

・多くのタレントやモデルがアソコのケア用黒ずみクリームとして使用し、インスタ等で口コミが広がっている
・ハーブとして使っている自然精油の野ばらの香りの評判がとても高い
・厚生労働省認可の医薬部外品として「肌荒れ、メラニン生成の抑制」の効果効能が認められている
・薬用成分はメラニン色素沈着抑制作用のある水溶性プラセンタエキスと、肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kの2つを配合
・4種類の美白成分と、4種類の潤い成分を配合
・石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤の5つの刺激剤が無添加
・ISOマーク取得の国内工場で製造

 

といった感じです。

価格 7000円
評価 評価4
備考 定期コースだと39%オフの4250円で送料無料。

定期コースは2回(2ヶ月間)以上の継続が条件だが60日間の返金保証あり。

評判の良いアソコ向け黒ずみクリーム2位 ハーバルラビットの総評

ハーバルラビットは、モデルやタレントの方が多く使用し、インスタグラムなどで口コミが広がっているアソコ向けの黒ずみクリームです。

 

「長年悩んでいたアソコの黒ずみが、ハーバルラビットを使ってから薄くなった」
「野ばらの香りが使っていて癒される~♪」

 

など、効果に対する実感を感じている方の口コミと、合成香料ではない、自然の精油から配合された野ばらの香りが好き、という口コミが特に多いです。

 

ただ、イビサクリームと比べると、肝斑等のシミにも改善効果が認められることで実績のある薬効成分トラネキサム酸が使用されていないことなど、配合成分に物足りなさがあります。

 

とは言え、すごく香りもよく、口コミも多いので、信頼して使うことのできるアソコ向け黒ずみクリームです。

 

評判の良いアソコ向け黒ずみクリーム3位 ヴィエルホワイトの特徴

ヴィエルホワイトの特徴は、

 

・口コミの数はイビサクリームやハーバルラビットほど多くないが、美容液タイプなのでアソコへの成分浸透が良いという評判がよく見られる
・厚生労働省認可の医薬部外品として「美白・消炎(炎症を抑える)」の効果効能が認められている
・薬用成分はメラニン生成を抑える安全な美白成分のトラネキサム酸と、肌荒れを防止しお肌を整えるグリチルリチン酸2Kの2つを配合
・美容液タイプで、リポソーム化という成分の分子の粒を細かくする処理をしているので肌への成分の浸透がしやすい
・着色料、紫外線吸収剤、動物性原料、シリコン、パラベンが無添加
・国内工場で製造

 

といった感じです。

価格 9960円
評価 評価3
備考 定期コースだと初回980円、2回目以降は53%オフの4770円で送料無料。

定期コースは5回(5ヶ月間)以上の継続が条件だが120日間の返金保証あり。

評判の良いアソコ向け黒ずみクリーム3位 ヴィエルホワイトの総評

他のアソコ向け黒ずみクリームよりも肌への成分浸透がよいという評判が多いのがヴィエルホワイトです。

 

「今まで他の商品を試しても治らなかったアソコの黒ずみが改善した」
「肌へスーッと馴染む感じが化粧品の乳液みたいで心地良い」

 

など、効果の高さに関する口コミと、肌なじみの良さに関する評判が特に目立ちました。

 

他のアソコ向け黒ずみクリームと異なり、製造コストの高い美容液タイプを採用し、さらに、リポソーム化という成分分子を細かくする処理を行っているので、薬用成分の浸透がよいのがヴィエルホワイトの特徴です。

 

ただ、その分コストが高くなっていて、イビサクリームとハーバルラビットが定価7000円のところ、ハーバルラビットは9960円と1万円近い値段になっています。

 

定期コースにすれば、値段はイビサクリームやハーバルラビットとほとんど変わらなくなりますが、継続期間が他の2つが最低2ヶ月でよいのに対し、ヴィエルホワイトは最低5ヶ月と長いので、他のアソコ向け黒ずみクリームを使って効果がなかった人が、長期戦を視野に入れて使うのに適した商品と言えます。

 

 

私が一番おすすめなアソコ向け黒ずみクリームは1位のイビサクリーム!

 

ここまで、アソコ向け黒ずみクリームを3つご紹介してきましたが、私が一番おすすめなのは、やっぱり1位のイビサクリームです。

 

 

評判も使っている人の数も圧倒的に多いので、安心して使うことができます。

 

特に、安全で実績のある美白成分のトラネキサム酸と、肌荒れを防止するグリチルリチン酸2Kの2つをしっかり配合している医薬部外品であることと、クリームなのに、ベタつかずに肌に馴染み、しっかり保湿されるという付け心地の良さは最大の魅力です。

 

アソコ向けの黒ずみクリームは、肌の弱い部位にも使うものなので、しっかり保湿をして、肌荒れにも配慮した商品でないと、肌トラブルの原因になります。

 

日頃から女性の肌の悩みに触れる機会の多い、脱毛サロンが開発した黒ずみクリームだからこそ、安全性の高い安心感のある商品に仕上げることができたと言えるでしょう。

 

また、定期コースの縛りがほとんどないのもイビサクリームの魅力です。

 

一般的に定期コースにすると、価格が安くなる代わりに、長い間継続しなければならない縛りが発生するのですが、イビサクリームの最低継続期間は2ヶ月だけです。

 

さらに定期コースには28日間の返金保証まであるので、とりあえず定期コースで申し込んで、万が一肌に合わなくても返品して返送の送料負担だけで試す、ということができるのです。

 

アソコの黒ずみケアに対する評判、配合成分、価格、定期コースの条件や続けやすさなどをトータルで考えるなら、イビサクリームがダントツの1位です!

 

 

人気のアソコ向け黒ずみクリームを徹底比較した結果のまとめ

アソコ向け黒ずみクリームの中では、上記でご紹介したイビサクリームとハーバルラビット、ヴィエルホワイトの3つが特に人気ですが、具体的に何が違うのか、一覧で比較できるように表を作りましたのでご参考ください。

イビサクリーム ハーバルラビット ヴィエルホワイト
人気度
通常価格(送料込み) 7510円 7420円 10460円
定期コース価格(送料込み) 4470円 4250円 4770円
定期コースの最低契約期間 2ヶ月間 2ヶ月間 5ヶ月間
定期コースの返金保証期間 28日間 60日間(1商品分のみ返金) 120日間(1商品分のみ返金)
有効成分 トラネキサム酸

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸2K

水溶性プラセンタエキス

トラネキサム酸

グリチルリチン酸2K

長所 アソコ向け黒ずみクリームで一番人気が高い

美白成分に信頼性の高いトラネキサム酸を使用
定期コースの縛り期間が2ヶ月と短く返金保証も充実

モデルの方が多く使用している

クリームの香りがよい
定期コースの縛り期間が2ヶ月と短く返金保証も充実

成分の浸透が最も高い美容液タイプ

美白成分に信頼性の高いトラネキサム酸を使用

短所 成分浸透の高さは美容液タイプに劣る 成分浸透の高さは美容液タイプに劣る

美白成分がプラセンタエキスでトラネキサム酸と比べると信頼性が低い

定期コースの縛りが5ヶ月と長く、値段が高め
アソコ向け黒ずみクリームの比較ポイント1:成分と人気度に注目する

アソコは非常にデリケートな部位なので、商品や成分の信頼性の高さは最も注目すべきポイントです。

 

美白成分のトラネキサム酸という成分は、シミや肝斑の改善に医療現場でも使用されてきた、非常に信頼性の高い成分です。

 

トラネキサム酸が使われているのは、人気が最も高いイビサクリームとヴィエルホワイトの2つです。

アソコ向け黒ずみクリームの比較ポイント2:定期コースの価格と最低継続期間に注目する

アソコ向け黒ずみクリームは数ヶ月にわたり使用することが多いため、割引が大きくなる定期コースで契約される方がほとんどです。

 

ここで見るべきポイントは、定期コースの価格だけでなく、最低継続期間です。

 

アソコ向け黒ずみクリームで十分な効果を実感するまでの期間は、平均3ヶ月~6ヶ月前後と個人差が大きいのですが、十分な効果が出た後にいつでも解約できるように、最低継続期間は短いほうがいいです。

 

人気のアソコ向け黒ずみクリーム3商品の比較では、イビサクリームとハーバルラビットの2つが最低継続期間2ヶ月と短いです。

アソコ向け黒ずみクリームの比較ポイント3:返金保証については期間の長さより内容に注目

アソコ向け黒ずみクリームでは、万が一商品が合わなかった場合に、返金ができる返金保証制度を設けているものが多いです。

 

返金保証制度については、一見長さにのみ注目しがちなのですが、内容までしっかり見ることが重要です。

 

主要アソコ向け黒ずみクリームについて書くと、いずれも返金保証制度が設けられていますが、返金期間の長さに関わらず、返金の対象になるのは、いずれも初回の1商品についてです。

 

つまり、返金保証期間が120日間となっていても、120日目に返金を申請して返金されるのは4ヶ月分の商品代ではなく、初回分の1商品の商品代のみということです。

 

なので、返金保証に関しては、実質初回1ヶ月のみの商品代が返金されるものと考えておいたほうがよいでしょう。

 

 

以上を踏まえると、評判と成分の信頼性、定期コースの価格の安さと最低継続期間の短さの観点から、イビサクリームが最も人気が高い理由がわかるかと思います。まずはイビサクリームから試してみるのがおすすめです。

 

 

市販の黒ずみクリームってどうなの?アソコ向け黒ずみクリームと比較をした結果

市販の黒ずみクリームに関して、アソコにも使えるのかについて気になる方もいると思いますので、アソコ向け黒ずみクリームのイビサクリームと比較をしてみました。

イビサクリーム ニベアクリーム クロキュア(小林製薬)
アソコに対する安全度 ×
薬用成分 トラネキサム酸(美白成分)

グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)

なし 尿素(角質除去)

トコフェロール酢酸エステル(抗炎症成分)
グリチルリチン酸モノアンモニウム(抗炎症成分)

アソコに使うと刺激になる成分 なし 安息香酸Na

ラノリンアルコール
香料

尿素

プロピレングリコール
パラベン
ステアリルアルコール

ニベアクリームは保湿はできるもののアソコの黒ずみを改善する成分はなし

市販のクリームとして有名なクリームの代表例と言えば、ニベアクリームです。ニベアクリームについては、スクワランオイル、ホホバオイル等、保湿に定評のある成分が多く含まれております。

 

一方、アソコの黒ずみクリームとして必須である薬用成分に関しては、何も含まれていません。ニベアクリームは保湿はできるがアソコの黒ずみの改善はできないのです。

 

また、アソコ向けに開発されたクリームではないため、刺激物も多少含まれます。安息香酸Naは防腐剤として肌に刺激を与える可能性がありますし、ラノリンアルコールには敏感肌の方がかぶれを起こした報告もあります。香料もアレルギー持ちの方が注意したほうがよい成分です。

 

このように特にデリケートなアソコを対象に開発されたクリームではないため、肌への刺激になりうる成分が、ニベアクリームには複数含まれています。

 

ニベアクリームの注意事項にも、

●傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使わない。
●肌に異常が生じていないかよく注意して使う。肌に合わない時や、使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が出た時、また日光があたって同じような異常が出た時は使用を中止し、皮フ科医へ相談する。使い続けると症状が悪化することがある。

との記載があるため、ニベアクリームはアソコのようなデリケートな部分には使用を控えたほうがよいでしょう。

 

小林製薬のクロキュアはアソコの黒ずみクリームとして使うのは厳禁!

市販の黒ずみクリームで、アソコに対して絶対に使ってはいけないのが小林製薬のクロキュアです。クロキュアに限らず、尿素入りのクリームをアソコに使うのは厳禁です。

 

尿素には主に2つの働きがあります。1つは保湿です。問題はもう1つの働きで、それはタンパク質を分解する働きです。

 

尿素が肌をすべすべにするのは、このタンパク質を分解する働きによって角質を柔らかくし、分解するためです。

 

この働きは、クロキュアの効果・効能に記載されているとおり、ひじ、ひざ、かかとなどの角質が多い箇所で使用する分には有用です。ひざやひじの角質の黒ずみを、角質とともに溶かして除去することができるからです。

 

ただ、皮膚が非常に薄く、デリケートなアソコにクロキュアを使用してしまうと、アソコの皮膚まで分解されてしまうことになり、皮膚のかぶれ、炎症の原因となってしまうのです。

 

実際、小林製薬のクロキュアの注意書きには、

次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲、粘膜等
(2)引っかき傷等のきずぐち、亀裂(ひび割れ)部位
(3)かさぶたの様に皮ふがはがれているところ
(4)炎症部位(ただれ・赤く腫れているところ)

と書かれています。粘膜周辺部位であるあそこへのクロキュアの使用は厳禁なのです。
他、経皮吸収が強く、敏感肌の方は使用に注意が必要なプロピレングリコール、防腐剤のパラベン、乾燥肌の方は使用を注意したほうがよいステアリルアルコール等も使われており、敏感部位であるアソコに対して使える成分構成になっていません。

 

市販の黒ずみクリームである小林製薬のクロキュアは、アソコに対しての使用は絶対に控えた方がよいです。

 

アソコに使用する黒ずみクリームは市販品でなく専用品がベスト

主な市販のクリームについて見ていきましたが、黒ずみに対する効果がなかったり、アソコに対する刺激になりうる成分が入っていたりと、アソコ向けに開発されたクリームでないと、肌トラブルの原因になることがわかったかと思います。

 

アソコに使う場合は、黒ずみに効果があるだけでなく、アソコの刺激になるような物質が入っていないことが非常に重要です。アソコ向け黒ずみクリームのイビサクリーム等、専用品のものをおすすめします。

 

⇒アソコ向け黒ずみクリームのランキングに戻る

 

ハイドロキノンクリームはアソコの黒ずみクリームとしておすすめ?


黒ずみクリームについていろいろ調べている方は、ハイドロキノンクリームという名前を聞いたことのある方もいるかもしれません。

 

ハイドロキノンクリームというのは、皮膚科等で処方される強力な肌の漂白剤成分であるハイドロキノンという成分を含んだクリームのことです。

 

黒ずみを全額自費の自由診療で治す場合には、レーザーを使った治療とともに、このハイドロキノンを含んだクリームを付けて治療する、というケースが多いです。

 

ハイドロキノンクリームは、医師が使用するほど効果が強力なものですが、使用には注意が必要です。

 

まず、ハイドロキノンは皮膚刺激が非常に強いことで有名です。私自身もハイドロキノンクリームを付けてみたことがありますが、顔にちょっと塗っただけでヒリヒリするレベルです。

 

そして、ハイドロキノンの有名な副作用として、肌の一部が真っ白になってしまう白斑ができてしまうというものがあります。

 

以上の、肌への刺激が非常に強いことと、白斑ができる副作用があるため、ハイドロキノンは医師の診療の元で使用されることが推奨される成分となっています。自宅での黒ずみケアで使用すべき成分とは言えません。

 

現在、アソコ向けの黒ずみクリームとして販売されている人気のものは、いずれも刺激の強い成分を含んでおらず、安全に使えるものです。自宅でのアソコの黒ずみケアに関しては、安全性の高いものを使うのがよいでしょう。

 

⇒アソコ向け黒ずみクリームのランキングに戻る

 

アソコの黒ずみはクリーム以外のケア方法もあるの?主な対策を比較

アソコの黒ずみの対処法として、クリーム以外のケア方法にはどんなものがあるのか、主なものをまとめてみました。

黒ずみクリーム ジャムウ石鹸 レーザー治療
効果の高さ
掛かる費用 12000円程度(3ヶ月使用時) 24000円程度(12ヶ月使用時) 5万円~20万円
掛かる期間 3~6ヶ月 1年以上 1~3ヶ月
手軽さ
人気度

アソコの黒ずみのケア方法として主なものは、黒ずみクリームを使う方法、ジャムウソープを使うもの、病院でのレーザー治療の3つがあります。

 

ジャムウソープというのは、インドネシアの伝統的なハーブの組み合わせによって作られた石鹸です。アソコの臭い消しに効果があることから、黒ずみケアにも効果があるのではないかという認識で使われる方が多いです。

 

ただ、残念ながら、ジャムウソープにはアソコの臭いを消す効果はあっても、黒ずみを改善する直接の効果はありません

 

ジャムウソープは医薬部外品ではなく、美白成分を含んでいないためです。アソコの殺菌等には有効ですが、黒ずみも改善したい場合は、別の手段と合わせて使う必要があります。

 

レーザー治療は、アソコの黒ずみがひどく、短期間で治す必要がある人にはおすすめの方法です。医師立ち会いの元で、レーザートーニングという、黒ずみの原因であるメラニンをレーザーで直接焼く方法が使えるので、短期間での黒ずみ改善が可能です。

 

レーザー治療のネックとなるのは費用の高さです。健康保険の効かない、全額自己負担の自由診療になるため、費用が高額になります。

 

安くても5万円前後、短期間で黒ずみを改善できる特許技術を用いたインティマレーザーを使用するものだと20万円前後の費用が掛かります。

 

また、アソコの黒ずみのレーザー治療には、専門の設備を持った病院に通う必要がありますから、何度か通うための交通費と時間が別途掛かることになります。

 

なので、当サイトでは、アソコの黒ずみの治療法としては、一番手軽で、費用と効果のバランスも優れている黒ずみクリームを使った方法をおすすめしております。レーザー治療に関しては、黒ずみクリームでうまくいかなかったときに検討するのがよいでしょう。

 

⇒アソコ向け黒ずみクリームのランキングに戻る